1月24日の強風で欠席した方への対応について

お片付け…。

それは僕には縁遠いものだと思っていました。富士見台は、楽譜とおもちゃで散乱していても歩けましたし、石神井公園は、ピアノ部屋はピアノだけしかありませんでしたので、余計なものを持ちこんだときは、隣の部屋にぽいっと投げるだけでよかったのです。どちらも一部屋だけではないというのが大きいです。ところがここ大泉レッスン室ときたら、部屋が一つ、玄関狭い、収納少ない、形がおかしい。

敵は、ウォーターサーバーのストックです。休校中にストップし忘れ、その後もどんどん増えていく一方で、保管場所を失った水さんたちは、ただでさえ狭い玄関の半分を占領し始めたのです。生徒が苦労しながら入室せざるを得ないというすぐにでも解決しなければならないこの事態を、僕はとりあえず半年ほど温かく見守っていました。

さすがに申し訳ないという気持ちが芽生えてきまして、今年最初のお仕事は玄関のお片付けに決めました。去年やればいいのにね。玄関には、下駄箱があり、スニーカーが10足くらい入っていたのでピアノの下へと放り出し、棚を一段外すと、水が重ねて置けるので、とりあえずぶち込みました。すると広々としてとてもすっきりです。

ところが下駄箱の上を見てみると…。数年前に貼ったお知らせやら何年も前の広告やらでごっちゃごちゃです。その奥には、大泉を立ち上げるときに、知人たちが描いてくれた、コンセプトが謎のキャンパスが…。名言だとかイラストなんかは分かりやすいのでいいとして、真ん中あたりに描かれた、前衛的すぎて僕の頭では到底理解できなかった謎の芸術に関しては、何とかしたいと思ってので、とりあえず写真で埋めてみました。

それがアイキャッチになっている写真です。

結局は、こんな感じで、半分くらいは見えなくなるんですけどね。

次は、休止中のクレーンゲームとガシャポンマシンにお菓子を投入しますかね。クレームゲームはいいけど、ガシャポンは、カプセルに入れるのが面倒なんですよね。半年くらい前にカプセルも購入してるんですけど笑。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP