積雪予想のついての対応
2024年2月5日(月)>

前回に引き続きKさん、今度はリズムがうまくいかない様子、8分音符の3連符のあと8分音符の連打ができず、あの機械の登場

8分音符の場合、1拍を2等分、3連符の場合は1拍3等分にするわけですが、それを交互にやるとうまくできない場合があります。Kさんも長さをあいまいにしたままで、練習を進めてしまい、演奏も不安が出てしまっています。仕方ないので今日は、久々にレッスンでメトロノームの登場です。メトロノームは、習い始めは興味があって使いたがり、併せられなっくて嫌いになりというパターンが多いので、あまりいい印象を持っている人はいないようですが、上達するにつれ、もちろんリズム感もよくなっているので、メトロノームに合わせられるようになっているものです。きちんと音とリズムがつかんでから、速さのことは考えればいいでしょう。

Kさんの場合は、少し説明してから、メトロノームを使ったらきちんとリズムを取れるようになりましたが、それはある程度のレベルに達しているからです。初心者の場合は難しいでしょう。初心者の場合、言葉に当てはめて、3連符を「いちご」8分音符の連打を「チョコ」として、メトロノームに合わせながら唱えるとできるようになります。

よく大人の方が、この言葉の当てはめを恥ずかしがる傾向にありますが、リズムは、感覚的なものですので、感覚でつかんだ方が自然になります。正確なリズムであってもロボットが叩いているような味気のないリズムではもったいないでしょう。しかも、おそらくプロも言葉に当てはめてリズムを把握する人はたくさんいると思います。積極的に言葉を当てはめてみましょう。

曲の情報 ショパン ノクターン 第20番 嬰ハ短調 KK4a-16/BI 49[遺作]

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP